披露宴でのスピーチの注意点

結婚式での披露宴におけるスピーチですが、出来るだけ簡潔にまとめてその上で新郎新婦を祝福する言葉にしましょう。

披露宴でのスピーチでも通常の文章と同じだと考えてください。要するに起承転結をはっきりさせると、披露宴で聞いている人も分かりやすくて良いのではないでしょうか。

披露宴での起承転結について少しだけ説明しますと

起とは、お祝いの言葉を述べて、自己紹介をします。承とは、新郎新婦の人柄や活躍ぶりを楽しく紹介します。転になりますと、新郎新婦の将来への期待や励まし、はなむけなどの言葉を使います。最後が結になり、スピーチの締めくくりとなります。いわゆる結びの言葉です。

特に転のときの言葉をよく選んで、短い紹介で新郎新婦へのスピーチが盛り上がるようにします。あなたが思っている中で最も新郎新婦にふさわしい言葉を選んでくださいね。

一番良くないのが、いつ終わったのか分からないというような場合です。披露宴のスピーチが尻切れトンボにならないように、結びの言葉は短くても良いのではっきりと終わりだと分かるような言葉を使ってください。

披露宴でスピーチをする時に良くないことを紹介しておきます。これだけは絶対にしないでくださいね。

頭を触ったり、顔や体の一部を触って話をする。上を向いたままやうつむいて話をする。披露宴のスピーチをしながら貧乏ゆすりをする。スピーチをしている人がニヤニヤする。当然のことですが、スピーチをしながら歩く。ポケットに手を入れたままでスピーチをする。

以上のことは披露宴でのスピーチでは非常に見苦しいので絶対にしないでください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。